愛用者に聞いた、「オードムーゲ」のここがスゴイ!

「オードムーゲ」は、50年もの歴史を持つ古き良きスキンケアブランド。長く愛用している方が多いのだとか。そこで今回は、オードムーゲのヘビーユーザーである、佐々木純さん(仮名・35歳)と仲野昌子さん(仮名・34歳)、松原啓太さん(仮名・23歳)にインタビュー。「オードムーゲ愛」を語っていただきました。

「オードムーゲ歴15年。もう手放せない逸品です!」

まずはオードムーゲ歴15年というベテラン愛用者、佐々木さんにお話を伺います。

「オードムーゲ歴15年。もう手放せない逸品です!」

「オードムーゲに出会ったのは、くり返すニキビに悩まされていたとき。使い始めてから肌あれも防いでくれて肌がキレイになってきたような感じで、まわりの友人や彼氏にも『どうしたの?』といい意味で驚かれました(笑)。それ以来、絶対的信頼を寄せていて、手放せないアイテムとなっています」。

さらに、「たくさん入ってお手頃価格なのもオードムーゲの魅力。コストパフォーマンスの良さも使い続けたくなる大きなポイントだと思います」。

 

スキンケアは毎日使うものだから、コスパも見逃せないですよね。

ちなみに佐々木さんのオススメは、毎朝晩コットンにたっぷり含ませて、ふきとり化粧水としてオードムーゲを使用すること。さっぱりとした使用感がお気に入りなんだそうです。

肌のバランスを崩しがちな大人女子にもオススメ

続いて、オードムーゲ歴3年の仲野さん。

「オードムーゲは高校生のときに、ニキビで悩んでいる私に母親が買ってきてくれたことがきっかけで使用し始めました。思春期ニキビでの悩みが無くなった頃から暫く使用していなかったのですが、数年前に敏感肌の友人がオードムーゲによって肌の調子が保たれると話していたことで存在を思い出しました。それから今まで、肌の調子を整える必需品として常備&愛用しています」。

 

大人の女性の肌は、ストレスやホルモンバランスの乱れなどから不安定になりがちですが、オードムーゲを使用することで、アンバランスな肌状態を整えることができるんですね。

さらに仲野さんは、顔だけでなく、デコルテや肩までオードムーゲでふきとりを行っているのだそう。このテクニック、さっそく真似したい!

汗や汚れを放置しがちな男性の肌トラブルにも◎

最後はオードムーゲ歴8年の男性、松原さん。

「オードムーゲを使い始めたのは、高校生1年生のとき。思春期ニキビに悩まされ、人と顔を合わせてしゃべる事も避けたいと思うほどコンプレックスになっていた僕に、母親が買ってきてくれたんです」。

サッカー部だったこともあり、部活中は汚れた手で汗を拭き取ることもたびたび。その汚れを落とすことなく帰宅していたそう。

「オードムーゲを使ううちに、ニキビや肌の赤みを防いでくれて、気付いた時にはもう肌の悩みがなくなっていました。朝晩の洗顔のあとはもちろん、バッグに入れて持ち歩いて、部活後のケアにも使用しました。それが習慣となり、大人になった今でもオードムーゲを愛用しています」。

汚れてしまうのは仕方がないけれど、それを肌の上にためたままにするのはやはり良くないのですね。汚れを取って、殺菌もして防いでくれるオードムーゲは、思春期ニキビ撃退の強い味方なのかも!

 

3人とも、オードムーゲを非常に信頼しているのが伝わってきました。それはもちろん、オードムーゲが「肌荒れやニキビをしっかり予防してくれるから」なんですよね。気軽に手に入って、コスパも良し。お肌のトラブルを発見したら、オードムーゲに頼ってみては?

 

※個人の感想です。使用感には個人差があります。