美肌になれると話題の「肌断食」ってなんだろう?

巷で噂の「肌断食」。スキンケアを一切やめることで、肌本来のバリア機能が再生し、健康的で潤った肌になれると言われていますが、実際のところはどうなの? というわけで、肌断食を実践してみることにしました!

水洗顔と保湿クリームだけの肌断食にトライ

肌断食といっても、本格的なものからライトなものまで、種類はたくさんあるよう。せっかくなので今回は、水洗顔(メイクをした日は純石けんで落とす)のみ、どうしても肌が乾燥する場合だけ保湿クリームを使用するという、本格的な肌断食に挑戦することに。もちろん、化粧品も石けんで落とせるもののみを使用します。それでは、肌断食レポートの開始です!

まずは激しい乾燥に襲われる

まずは激しい乾燥に襲われる

肌断食をはじめてまず気になったのが乾燥です。とくに、洗顔直後に肌がパリパリに乾く感じとつっぱる感じが……。しばらくすると肌から油分が出てくるのか、乾燥は多少和らぐのですが、夕方になるとまたつっぱる、ということの繰り返しでした。乾燥するので肌も固くなり、ゴワゴワするように。

黒ずみとざらつきに心が折れる

肌断食開始から1週間ほど経つと、今度は肌のざらつきや黒ずみが気になりはじめました。水洗顔だけだからなのか、毛穴に汚れがたまってしまうのでしょうか。鏡で素顔を見ると、鼻のあたりが黒ずんでいるのがハッキリとわかるほどです。それでもがんばって続けてみましたが、日に日に汚れがひどくなる感じがして、開始から2週間ほどで肌断食をリタイアすることに……。調べてみると、やはり毛穴の汚れやざらつきが気になって肌断食を断念している人もいるようです。

「自己流肌断食」で悩みが改善

でもせっかくここまで続けたので、本格的な肌断食ではなく、ちょっとライトなものだけ使うようにしました。まずは、気になって仕方なかった毛穴の黒ずみを解消するため、ふきとりケアができるオードムーゲを導入。水洗顔、オードムーゲ、保湿クリームという、「自己流肌断食」を実行。すると、指で触るとブツブツしているのがわかるほどひどかった毛穴の汚れが徐々におさまり、肌状態が安定してきたような感じがします。本格的な肌断食ではないものの、シンプルケアを続けることで肌本来の保湿力などがアップしたのか、クリームだけのケアでも乾燥しづらくなり、肌の色つやもよくなってきました。とくに目立つダメージや肌トラブルもなくなり、この方法なら続けられそう!

 

肌断食は賛否両論あるケア方法なのかもしれません。自分の肌やライフスタイルに合うかどうかも大きなポイント。今回は、毛穴の汚れや角質を取り除く策として、「ふきとりケア」をプラスしたのが正解だったよう。
オードムーゲ薬用ローションは肌あれ・ニキビなどの肌トラブルを防いでくれるふきとり化粧水でお肌を清潔にしてくれる50年以上のロングセラー商品。さっぱりとした使い心地もいい感じ。
口コミでも人気なのでおすすめです。

 

このように、多少のアレンジを加える「自己流肌断食」で自分にピッタリな方法を見つけてみるのもよさそうです。

写真:Thinkstock / Getty Images